新米看護師さんに恐縮した話

新米看護師さんに恐縮した話

私は以前、踵に違和感が出たことがありました。
年収アップ春日井市 看護師求人の検索
歩いている時に何となく異物感があり、いつも小石を踏んでいるような感覚だったので、じっくりと触ってみると固い物が皮膚の奥にある事が分かりました。
何だかよく分からないので、病院に行ってみると「石があるので、取りましょう」と言われて切開して取りました。
そこまでの作業はお医者さんがやってくれたのですが、消毒と包帯を巻くのは看護師さんの仕事でした。
私の担当になったのは新米の若い看護師さんで、可愛らしい女性でした。
好条件長岡市 看護師求人で検索
一生懸命に包帯を巻いてくれるのですが、とにかく巻きにくい踵なので、なかなかうまくいきませんでした。
結局、初回は先輩らしき看護師さんが巻いてくれて、それを横で見て居る状態でした。
次に消毒のために通院した時も、また同じ新米の看護師さんでした。
今度は時間がかかったものの、しっかりと包帯が巻き終わり、終わってみると額に汗がにじんでいて、なんだか恐縮してしまいました。
その後も通院時は必ずその看護師さんが担当で、治療が終了する頃にはかなり上達していて「おかげさまで上手くなりました」と笑っていました。
それ以来、会う事もないですが、今も立派に看護師として勤務していると良いなぁと思います。
職に就く下関市 看護師求人について